オルニチンを摂取する時間帯はいつがよい?

オルニチンの摂取は成長ホルモンが分泌されるタイミングがよいと
いわれています。そうなると食後6~8時間が理想なのですが
これだと就寝時間が深夜になり大方の人は睡眠時間が足りなくなってしまいます。
これはあまりお勧めできません。
お勧めは朝の起床後30分程度ぐらいに摂ることです。
日常の活動で消費される分を補いつつ、夜は体内に残っている
オルニチンで成長ホルモンの分泌を助ける働きをさせるのです。
あとは朝夕の食事前に摂取する方法も効果的です。
特に日常的に飲酒の機会が多い方にはお勧めできます。
肝機能の指標となる数値が高い方に
朝夕の食事前に摂取させたところ全員の数値が下がり、悪化した
人はいないという試験結果がでています。
オルニチンを摂取するタイミングは人それぞれの生活環境に
よって変わってきますから一概にこれだとは言い切れないの
ですが、上記のように摂取されるのも一つの方法です。
ただサプリメントに頼るだけではなく、ご自分の食生活や飲酒などを
見直すことも大切です。

*参考サイト*
http://www.carfad.net/
http://ornithine.jp/

Posted in 健康食品 | Leave a comment

にんにく卵黄のデメリット

にんにく卵黄は栄養補助食品ですので、医薬品のような副作用はありません。
しかし、にんにくには強力な殺菌作用があります。にんにく卵黄は、生のにんにくほどは殺菌力も強くありませんが、飲みすぎてしまうと胃や胃壁を荒らして負担がかかってしまうかもしれません。
飲み始めや体調が悪いとき、胃の弱い方は負担を軽減させるために少なめに使用して様子をみましょう。そして、胃が空の時を避けて食後などに摂取して下さい。
にんにく卵黄はお子さまが飲んでももちろん大丈夫ですが、大人ほど胃も丈夫ではないので、少なめに摂取するようにしましょう。
また、にんにくは飲みすぎると胃を荒らすだけでなく、身体が疲れやすくなってしまいます。せっかく身体のために飲んでいても逆効果です。
にんにく卵黄の袋に記された「お召し上がり方」を参考に、使用量を守って飲用する必要があります。

アレルギーの方は注意が必要。

にんにく卵黄は飲みやすくするために、ソフトカプセルなどを使用しています。ソフトカプセルの原料であるゼラチンや、にんにく、卵黄などにアレルギーがある方は飲むことはできません。
それぞれのにんにく卵黄によって、入っている成分は違います。アレルギーを持っている方は、成分表で自分が飲んでも大丈夫なものかを確認してから使用して下さい。
また、にんにく卵黄の臭いについては、ソフトカプセルのものを選べば気にならないように工夫がされています。もちろん、いろいろなにんにく卵黄がでていますので、商品によっては臭いの大小はありますし、人によって臭いの感じ方も違います。お試し品や、臭いで比べるにんにく卵黄のサイトなどもあるので参考にしてください。
もし、選んだものの臭いが気になる場合は、食事と一緒に飲んだり、牛乳やリンゴジュースを飲むなどのにんにく対策をしてみましょう。
毎日の健康と活力のために飲むにんにく卵黄です。安心・安全で飲めるものを選びましょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

ライオンのラクトフェリンについて

最近注目されている健康成分に、ラクトフェリンというものがありますが、ラクトフェリンは、すべての人が健康に美しくなりたいと願う気持ちに応えるべく、さまざまな効果を発揮してくれるうれしい成分なのです。
そのため、より健康に、より元気に、より美しくなりたい方には、ラクトフェリンがおすすめなのです。
ライオンで販売されている、ラクトフェリンサプリメントは、胃の中でラクトフェリンが分解されず、腸まで届くようコーティングされており、体にやさしく負担をかけないコーティング方法を研究し、胃液だけでなく、同じような強い酸にも溶けないように工夫されているのです。
けれども、腸に届いても、きちんと溶けなければ意味が無いので、胃と腸の働きにも注目し、胃では溶けずに腸で溶けるような仕組みにしなくてはなりません。
そこで、胃酸や消化酵素に強く、腸が出す粘液に溶け出すような仕組みを念頭に入れたラクトフェリンサプリメントを開発しましたが、このような腸で溶ける商品のことを、腸溶性と呼んでいるのです。

ライオンラクトフェリン愛用者の声
ライオンラクトフェリン愛用者の声をいろいろ、探してみました。
参考サイト:ラクトフェリンの働きかけと安全性

・人によって、さまざまみたいですが、大体早い人では、1か月、遅い人でも3か月ぐらい飲み続けると効果が出てくるようですが、飲み始めてすぐ効果を実感しました。

・ラクトフェリンは内臓脂肪を燃やしやすく、また内臓脂肪を付きにくくする働きがあり、お腹の脂肪がなかなか取れない人や、健康診断で内臓脂肪が多い事を指摘された人にはもってこいのサプリメントと聞きましたが会社の健康診断の数値も改善されました。

また、忙しい毎日で、心も体も疲れ切っている人にも向いていて、毎日いらいらしていて気分が優れない人がラクトフェリンを服用して1か月ほどで、かなりストレスが解消され、疲れが抜けやすくなったという愛用者の声もありました。

このように、ラクトフェリンには、ストレスを軽減させ、疲れを癒す効果もあり、忙しい現代人にもってこいなのです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

面接での注意点

面接官に意欲的な自分をアピールする

面接官は,看護師として意欲的で積極的な人を求めています。たとえば,面接官から「何か質問はありませんか」と尋ねられる際に,「特にありません」で終わってしまうのは,少しマイナスの印象を与えてしまうかもしれません。ここは,あなたの意欲を伝えるチャンスと考えていくつか質問してみましょう。自分が面接官だったら,どんな答えを聞くと意欲がある人だと感じるかをあらかじめイメージしてみるといいでしょう。

質問する内容は,職場での業務内容についてや,職場の雰囲気などについてがよいでしょう。たとえば,事前に勉強しておくことや用意をしておくべき物などがあるか,子育てをしながら働いている方はどれくらいいるか,仕事は何人体制で行っているのかなどです。給料や待遇に関する内容も聞いてもいいのですが,それが第一という印象を与えないようにしましょう。その後,さりげなく給料や待遇のことなども聞いてもいいでしょう。

面接での服装や身だしなみ

面接官は,最初の2~3分で採用するかどうかを大方判断するとも言われています。まず面接官は,あなたの服装や身だしなみを観察するのです。看護師という職業柄,清潔感は重視されるでしょう。どんなに優れた経験やスキルを持っていても,服装や身だしなみがだらし無かったら,採用されません。

面接の際には,スーツやジャケットなどのフォーマルな服装にしましょう。「足元をみられる」という言葉がありますが,面接官も文字通り足元を見ます。よく手入れがしてあるフォーマルな靴が良いでしょう。ミュールやサンダルは避けましょう。長い髪はひとつに束ねて清潔感をアピールしてください。派手な色のカラーリングは避けましょう。

お化粧も気をつけたいものです。ナチュラルメイクにしましょう。スッピンで面接に行くのは絶対にだめです。爪は短く切っておきましょう。マニキュアはきれいに落としておきましょう。また,ピアスやネックレス,おしゃれ目的の指輪などは外しておきましょう。

このような転職する際に頭に入れておきたい知識をまとめたサイトがあるので、こちらも参考にしてみてください。
参考→神奈川の看護師求人サービス紹介HP
神奈川に特に注目したサイトですが、他の地域にも応用可能な知識だと思います。

Posted in 転職 | Leave a comment